全身脱毛で剃り残しがある場合はどうなる?

全身脱毛を受ける前には、予約した日の1~2日前に自分でムダ毛を剃る必要があります。剃ることで、施術当日の毛の長さを丁度よい状態にすることができるためです。脱毛機の光は、黒い色に反応するように作られています。自己処理をしない、毛が長いままの状態では過剰に反応してしまい、ヤケドなどのトラブルにつながってしまいます。
そこで、全身脱毛を受ける前に剃る必要がありますが、腕や脚といった見える部位でも、剃り残してしまうことがあります。また、背中など、自分では見えない部位というのは、きちんと剃ることができないので、剃り残しが多くなってしまいます。
このような、全身脱毛の剃り残しに対する対応は、サロンによって大きく変わります。サロンによっては、無料で剃り残した部位を剃ってくれるサービスを行っているところもありますが、多くの場合、有料のシェービングをお願いすることになります。
全身脱毛の中でも、背中やデリケートゾーンのような、自分での処理が難しい部位に限りシェービングを行ってくれるサロンもあります。中には、自分でシェーバーを用意するサロンもあるので、施術を受けると決めた段階で、スタッフにどのようにすればいいかを確認しておきましょう。中には、剃り残しがあると、当日の施術は行わないというサロンもあります。せっかく脱毛の予約をしても、剃り忘れのせいで施術が受けられないというのは、とてももったいないことなので、注意しましょう。
全身脱毛したいなら!料金や施術の流れを余すことなく徹底解説!はこちら

Oconnor